子どもの成長を感じます!

只今、子どもが(小学5年、小学2年、幼稚園の)3人居り全員男の子です。小学2年生の次男が1年生半ばから野球部に入部し、多忙な日々を送っていました。
つい最近になり、4月から6年生に上がる兄と新1年生を迎える弟が次男に感化されたのか突然野球を始めたいと言い始めました。兄は来年中学になるし今更始めてもなぁ、弟もさすがにまだ(年齢、身長共に)小さいし早すぎるのでは…と思いながらも本人達がやりたいと意気込んでいたのでやらせてあげようと決意し入部させました。
暖かくなってきた事もあり、毎週末は練習試合三昧です。入部早々3日目にして練習試合に出場させて貰いました。ルールすらまだ理解しておらず右も左も分からない状態での試合に親はハラハラ、緊張するばかりでしたが、子どもの方が肝が座っていた様で…長男は何も分からずともニコニコ楽しそうに声を出しながらボールを追っかけていました。1年生の三男に至ってはグローブを握るのもやっとでしたが、チームに入れて貰えた喜びがあった様で見よう見まねで走り回っていました。
最初は『練習試合とはいえ、他のメンバーに迷惑をかけないだろうか。ルールも分からず参加するのはどうなんだろう。』とハラハラしていましたが、周りのお母さん方やコーチから『体験してみて臨場感を味わうのも大事だし、親が応援してあげれば子どもは喜んで動く様になるから一生懸命応援してあげて。』と言われ、少し緊張が解けました。気持ちを切り替えて応援すると楽しんで我が子を見ていられました。結果は残念なものでしたが、子どもの新たな一面を発見できたし応援する気持ちも膨らみ楽しい1日を過ごす事ができました。

東北温泉ドライブ旅行

青森方面に車で温泉旅行に家族デイって参りました 千葉からのスタートになります 東北自動車道で一路秋田に、400kmを過ぎた辺りで疲れてきたので1日目は仙台秋保温泉で泊まりました 泉質も良く豪華な旅館に納得でした 2日目 東北道路をひた走り、青森でおりました 今日の泊まりは青森浅虫温泉です、道の駅の前に車を止めキャンピングカーなので そのまま宿泊 道の駅で美味しい物を買いいざ温泉へとても良い温泉でした、3日目 三沢温泉、三沢基地により戦闘機の離発着を体験いたしましたバリバリとすさまじい音でこんなにうるさいのと感じました 恐山温泉、恐山を観光して異様な光景に圧倒されなんだかこれがあの世という奴かぁと思いましたそして最後は薬研温泉に泊まりました 4日目 大間温泉、大間でマグロとイカを食べてきました そのままフェリーに乗り津軽平野側に渡り竜飛岬へ行きました 道の駅みんまやにより 今夜は温泉無しでまたまたキャンプです 5日目 雄乃湯温泉により 十三の港へより もう一度 青森へ くさぶえ温泉、雲谷温泉とり今夜はここで泊まりました  6日目 とうとう帰り支度をして一路千葉へ 東北温泉の旅も終了です。

息子と二人で映画館へ行く。

今月中旬頃の話ですが、都会でないと上映していない映画を見たいと息子に頼まれました。
その映画はどこで上映してるんだい?って聞いてみると、北海道では札幌のみとの事で、その映画館をネットで検索しチケット予約状況を調べることにしました。
なんで?こんなに予約されているんだ!アニメの映画なのにって思いましたが、どうしても息子が見たいというので、しぶしぶ次の日に予約して見に行くことしました。
その日の朝は、いつもより早めに出発することにしました。札幌までは約2時間ですが、ちょうど3連休との事で渋滞を覚悟し、チケットの購入でも並ぶことを考慮して、
いざ、出発です。息子と二人だけで出かけるのは、2回目なので少し不安です。しかし、子供は成長しているんですね。渋滞にハマっても、ダダもこねず車の中でしりとりをしたりして、トラブルもなく無事到着しました。はやる気持ちが隠せない息子はニコニコしながら、ポップコーンや飲み物を買うために長蛇の列でも文句言わず並んでいます。上映が始まり、映画を堪能しました。以外にアニメの映画にしては、内容があり適度な上映時間で見応えがありました。
息子を見ると、もうハイテンションです。恥ずかしくなるほど映画の内容に興奮して満足気で、帰りの車の中でも映画の話しかしないほどでした。こんなに喜んでくれる息子を見て、約2時間、車を走らせて札幌まで来た甲斐がありました。最近のアニメ映画って凄いと実感できたし、息子との良い思い出ができたことが嬉しい。
とっても楽しい一日になりました。

ランキングの番組を見た

韓国のアーティストの曲だけをランキングにしている番組を見ました。知っている曲もありました。そして、19時くらいから放送されているクイズ番組を見ました。いろいろな科目のクイズを出題していました。勉強になりました。そして、勉強をしました。体ほぐし運動にはいろいろあります。柔軟運動は、ストレッチングのような手軽で静的な運動をおこないます。感じたことを言葉に出して、自分や仲間の心や状態に気づくようにします。背のばしは、膝を曲げながら両手を引きあって、背筋をゆっくりとのばします。ひっぱり伸脚は、両足を開いた姿勢から、互いの左足に体重をのせ左足をゆっくり曲げます。立ち上がって右足でもおこないます。背負いとは、背中あわせに腕を組んだ姿勢から、相手を背負います。律動的な運動は、リズミカルな運動をおこないます(音楽にあわせて)。運動感覚を呼び起こすとともに心と体をリラックスさせ、心身のバランスを整えます。ラインステップは、列に並びラインをはさんで左右に同時にステップしながら進みます。体じゃんけんは、グーはしゃがみ立ち、チョキは手足の前後開き、パーは手足の左右開きです。グループ対抗でおこなうこともできます。

景色の映像を見たりした

景色の映像を放送している番組を見ました。今回は、京都の景色の映像をやっていました。行ってみたいなと思いました。そして、19時くらいから放送されているバラエティー番組を見ました。2時間スペシャルでした。今回は、副業についてやっていました。最初は、ファッションについてやっていました。次は、ベーカリーカフェについてやっていました。次は、実業家についてやっていました。意外な実業家の人が出ていました。次は、俳優の副業についてやっていました。次は、芸人の副業についてやっていました。次は、ハーフタレントの副業についてやっていました。そして、勉強をしました。廃棄物処理法では、廃棄物が排出者や種類によって一般廃棄物と産業廃棄物とに区分され、この区分におうじて処理に関する責任主体や処理基準などが定められています。一般廃棄物には、住民の日常生活にともなって生じるごみなどの家庭系のものと、事業活動にともなって生じるごみなどの事業系のものとがあり、これらの処理は各市町村が責任を負います。産業廃棄物は、事業活動にともなって生じた廃棄物のうち燃えがら、汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、廃プラスチックなど法によって定められた20種類をいい、これらの処理は排出業者が責任を負います。

こんにゃくゼリーを食べた

こんにゃくゼリーを食べました。グレープ味を食べました。入れ物が小さかったので、食べやすかったです。そして、焼きそばを食べました。もやしと豚肉が入っていました。そして、18時くらいから放送されているバラエティー番組を見ました。今回は、スペシャルでした。最初は、魚の目利きについてやっていました。まずは、イカの目利きをやっていました。次は、イカを美味しくする技についてやっていました。次は、イカを使って料理を作っていました。次は、真鯛の目利きについてやっていました。次は、真鯛を使って料理を作っていました。フライパンは使わず、電子レンジで作っていました。次は、美味しい春キャベツの目利きをやっていました。春キャベツの味見もしていました。次は、新玉ねぎの目利きをやっていました。次は、美味しいにんじんの目利きをやっていました。そして美味しいにんじんの味見をしていました。次は、美味しいねぎの目利きをやっていました。ねぎを丸焼きにして食べていました。そして、日曜日にやっているラジオを聞きました。最初は、1人でやっていることを紹介していました。次は、リスナーからの深夜に答えるコーナーをやっていました。途中で知っている曲もかかっていました。